事前受付はこちら 紹介ムービーはこちら
  • 初めて細川歯科医院へお越しの方
  • スタッフ紹介
  • 細川歯科医院ブログ
細川歯科医院

住所
〒173-0012
東京都板橋区大和町18-10
田中ビル2階

電話番号
TEL:03-3964-8217
FAX:03-3964-8229

時間・定休日
平日 10:00~13:00  14:30~19:30
土曜  10:00~13:00

休診日:木曜・日曜・祝祭日
(勉強会の都合により変更あり)

医院案内&アクセス

HOME > 細川歯科医院ブログ > 7ページ目

細川歯科医院ブログ 7ページ目

新たな関心

昨日で50歳になった。
30歳で開業したので早いもので20年が経過した。
10年前から始めた臨床心理学の勉強は継続中で、放送大学大学院の全科生になるのは家庭の状況からもう数年かかかりそうである。
この勉強とは別に新たに興味を抱いたものが出てきた。
スポーツデンティストである。
東京都歯科医師会から募集要項が届いたので申請してみた。
またこれを機に日本スポーツ歯科医学会という会にも入会してみた。
せっかく毎日運動しているのにこのままで終わるのはもったいないので、臨床心理学と平行で勉強してみようと思う。
10年後の60歳ではどんな勉強をしているのだろうか。


スタッフルーム

診療室内においてはかなりの注意を払っているので感染しにくいと思っているのだが、難しいのはスタッフルームである。
細川歯科医院では隣のマンションの1室をスタッフの更衣室兼休憩所として利用しているが、そこではどうしても3密を防ぐのが難しくなってしまう。
スタッフルームにおいては、頻繁な手洗いと消毒、空気を停滞させないようエアコンを常時つける、空気清浄機による空気の循環、少しの窓開け、これくらいしか思いつかない。
食事の時以外は常にマスクを装着し、食事は黙って食べることも付け加えたいが一体どこまでできるのか。
僕は診療室の院長室で食事をするのでスタッフルームでの感染はないのだが、目に見えないだけにどうしても不安はつきまとう。
スタッフ間によるクラスター感染だけは避けたいので「体調悪くなったらお願いだから休んで下さい!本当に!絶対に無理しないでね!本当に!」と常に休みやすい空気を作っています(笑)

お花見通勤ラン

今、ほとんど毎日通勤ランで上野不忍池をグルグル回ってから出勤している。
桜が咲きとても綺麗で足取りも軽くなる。
朝の通勤ランは一日の仕事も捗るし、健康になるし、感染対策にもなるしでとてもお勧め。
必ず毎日走らなければ、とか早いペースで走らなければ、ということはなく、むしろゆるゆるな軽い気持ちで走る方が楽しく走れ長続きする。
1週間のうち1,2回、片道だけでも全然OKで、距離も短くても全然OK。
人と競うことではないので無理してしまうと続かない。
通勤ランは良いことずくめなので、出来るところから始めてみてはいかがでしょうか。


新宿ハーフ結果

先月走った結果が公表されました。
グロス:01:27'30" ネット:01:27':23"
男子総合:209位/2810人
40歳代男子:56位/962人

今49歳なので来年出れば50歳代となり、もし来年このタイムが出せたとしたら20位/917人である。
まだまだ伸びしろはあるのでこれからの練習を積める良いモチベーションにつながりました。


抵抗力

新型コロナウイルスの感染が拡大する恐れがある。
それに対しどのように対処すればよいのか考えてみた。
まず基本的にマスクの着用と手洗い。次にアルコール系消毒薬での手指の消毒。
それ以外の対策としては、感染しにくくする、又は感染しても軽度で抑えられる抵抗力をつけること。
それには栄養を充分に摂ることと、睡眠を充分にとること。
自分は睡眠時間は大切と考えていて、出来れば7時間、もしくはそれ以上の時間の確保が欲しいと思っている。
あとは「適度な」運動。
毎日走っている自分は風邪をひきにくいかと思われがちだが、実はその逆。
日々追い込む練習をしているので抵抗力が落ちている状態が多い。
なので新型コロナウイルス対策としては、フルマラソンを5時間で走るのを目標にするような適度な運動の方が健康的には良いのかも知れない。
早く収束を願うばかりである。


新宿シティ

日曜日に新宿シティハーフマラソンに参加しました。
結果は1時間27分30秒。
ハーフ総合:215位/3688人
40歳代男子:36位/896人
ハーフもフルも今までは、ルナサンダルに竹傘でファンランしかしていなかったので、今の自分のポテンシャルがいかほどなのか知りたかったので、今回ガチで走ってみました。
この結果は自分でも予想していたのよりもかなり良い結果で驚いています。
自分はどっちかというとスピードタイプではなくスタミナタイプで、決して速いランナーではありません。
すぐに息切れしてしまうし、速いペースでは全然持続出来ません。
インターバルのようなツライ練習は好きではないし、やろうとは思うのですが、いざやると2、3回で挫折してしまいます。
にもかかわらず90分を切ることができたのは、常日頃のちょっとしたジョギングの積み重ねだと思っています。
片道5kmの通勤ランを数年続けていることが結果に現れたのでしょう。
勉強においても仕事においても、スポーツにおいてもやはり継続というか積み重ねは大事なんだなって改めて認識しました。
3月に古河はなももを走りますが、この時もフルのポテンシャルはいかほどか知りたいのでガチで走ります。
ハーフからフルの予想タイムは、ハーフのタイム×2+10分がフルの一般的な予想タイムなので、計算すると3時間9分が自分の予想タイムです。
あと2ヶ月弱あるので、これから故障しないよう身体の声をききながら頑張って、サブ3は無理としても3時間5分位までは持って行きたいなと思っています。
49歳から始めたサブ3計画。
当初は絶対に無理と考えていましたが、段々と手に届く所に近づきました。
来年までにはサブ3達成を目標に遠回りの通勤ランを継続したいと思います。
http://www.tecnoplan.co.jp/tecnet/result/search.php?id=1101
IMG_0436.jpg

挫折

旭化成の吉野氏をノーベル化学賞にさせたという本「ロウソクの科学」を読んでみた。
が、内容が難解でわかりづらく、半分読んだところで挫折してしまった(涙)
もっと子供向けの本を買えば良かったと思ったが買ってしまったのだししょうがない。
たしか吉野氏はこれを小学生くらいの時に読んだと思ったが、やはり僕と脳の作りが根本的に違うらしい。
僕はどんなに頑張っても素晴らしい科学者にはなれそうもないことが昨日わかった。
残念である(笑)IMG_0423.jpg

スマートプラグ

便利だが使う用途が少ないスマートプラグ。
職場で便利な使用方法を見つけた。
それは院長室の足下にある電気ストーブ。
年に2,3回だが、帰宅途中で「あれ?電気ストーブ消したっけ?」と不安にあり再度職場に戻ることがあった。
駅員さんのように「電気ストーブオフ!」と口に出すと覚えていると聞いたことがあったので、頻繁に口に出したりするのだが、それでも完全ではなかった。
そこで役にたったのがスマートプラグ。
スマホから確認出来るので今オンなのかオフなのかが一目でわかり、職場にいなくても操作が可能となった。
これでその不安がなくなりました。
職場で他に用途があれば良いのだが、残念ながら見つからないのが実情である。。。

規制

ついにナイキの厚底に規制がかかった。
今後どのような対応になるのだろうか?

NEXT%のこれからの記録が無効となるのか?
今までの記録も無効になるのか?
カーボンが禁止になるのか?
厚さが何ミリ以上は禁止とルール化されるのか?
現行のNEXT%までは許されるのだろうか?

いろいろ難しい問題になっていくだろう。
規制に関してのルールを明確にしないと新たに問題が浮上してくる。
個人的にはプロ選手と同じ靴が履けるこのナイキの戦略は素晴らしいと思っているので、この規制は残念な気持ちが強い。
東京マラソンでは新記録を楽しみにしているので、ルール規制はできればその後にして欲しいものである。


研修会

昨夜は診療を早く終わらせ研修会に参加。
大正大学での「大人の発達障害」。
発達障害の概念は幅広く、自分含めて何かしらの傾向はあると思う。
どのように接し対応していくかなどとても興味深い内容でした。
こころの問題はとても難しい。
とても難しいからこそやりがいがあり面白い。
IMG_0401.jpg

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ