事前受付はこちら 紹介ムービーはこちら
  • 初めて細川歯科医院へお越しの方
  • スタッフ紹介
  • 細川歯科医院ブログ
細川歯科医院

住所
〒173-0012
東京都板橋区大和町18-10
田中ビル2階

電話番号
TEL:03-3964-8217
FAX:03-3964-8229

時間・定休日
平日 10:00~13:00  14:30~19:30
土曜  10:00~13:00

休診日:木曜・日曜・祝祭日
(勉強会の都合により変更あり)

医院案内&アクセス

HOME > お悩み内容 > 痛い

お悩み内容 痛い

痛い

よくある症状と原因

歯医者さんを受診するきっかけの大半がこの「痛み」によるものです。痛みを引き起こす原因は多数あります。代表的なものとしては、むし歯が神経近くまで達してしまった場合や、根の先に膿みがたまってしまった場合、歯周病による歯肉の腫れによるもの、親知らずが原因で歯肉が腫れている場合などが挙げられます。むし歯によるものに対しては、神経まで達していなければ詰め物や金属でのかぶせものなどで対応し、むし歯が神経まで達してしまった場合は神経を取るといった根の治療へと入ります。根の先に膿みがたまって痛みを引き起こしている場合は、その内圧を下げる行為、つまりは膿みの行き先を見つけ解放してあげることがその痛みをなくすことにつながりますので、かぶせてある金属を取って根の治療へと入るのが一般的です。しかし、状況によってはそのお痛みが一時的な場合もありますので、すべてがすべて必ずしも金属を外すことは行わず、痛みの度合いや治療処置後の期間などといった状況から判断して、かみ合わせの調整や投薬で様子をみることもあります。歯周病による歯肉の腫れに対しては、先ほどと同じ内圧を下げるために切開して膿みを出すことを優先処置としますが、この場合もかみ合わせの調整や投薬で様子をみたりもいたします。親知らずに対しましては患部の消毒と抗生物質による投薬を第一選択といたします。(親知らずに関してはその項を参照なさって下さい)。一般的にはこの中に痛みの原因の大半が含まれると思いますが、もちろん例外もあります。身体と心は深く密接しており、大なり小なり人は何かしらの悩みを抱えて生きているわけですが、心の問題が大きくなった時に、舌や顎、場合によっては歯に対してこの「痛み」という症状を引き起こす場合があります。その際、私たちは患者さんの抱えておられる悩みを聞くようなことはいたしませんが、その身体と心との因果関係をお伝えし、患者さんが抱えておられるその悩みを違う方向に向けるよう、お話しをいたします。また私たちは痛みの原因を探り、出来るだけその「痛み」という症状を速やかになくすよう努力いたしますが、患歯(原因となる歯)がわからない場合も当然のことながら起こり得ます。医学が急激に進歩したとは言ってもたかだか100年にも満たないといった浅い歴史であり、人体や病気の構造というものを全て網羅しているものではありません。その時は痛みの度合いにもよりますが「待機的診断」と言って「確実にその原因がわかるまであえて処置しない」という診断・対応を行うこともあります。つまり「怪しいから...」といった推測による処置はすべきでないと私は考えています。しかしそのようなことは頻繁にあるわけではなく、通常は今まで学んだ知識と経験から痛みをなくすことが出来ております。私たちはその痛みの原因を探るべく、経験から来る五感を研ぎ澄ませ、それを裏打ちすべく視診や打診・X線診断・温熱診といった今まで培った知識からその痛みの原因を特定し、早急にそのお痛みを取り除くよう全力を尽くし努力いたしますので、もしお痛みでお困りの時はご連絡下さい。