事前受付はこちら 紹介ムービーはこちら
  • 初めて細川歯科医院へお越しの方
  • スタッフ紹介
  • 細川歯科医院ブログ
細川歯科医院

住所
〒173-0012
東京都板橋区大和町18-10
田中ビル2階

電話番号
TEL:03-3964-8217
FAX:03-3964-8229

時間・定休日
平日 10:00~13:00  14:30~19:30
土曜  10:00~13:00

休診日:木曜・日曜・祝祭日
(勉強会の都合により変更あり)

医院案内&アクセス

HOME > 細川歯科医院ブログ > トレイルラン・ロードバイク > 憧れの100マイラーへ

細川歯科医院ブログ

< 4月27日・28日  |  一覧へ戻る  |  仕事開始! >

憧れの100マイラーへ

170kmのUTMF完走しました。
4年前からUTMFを目標にしやっと念願が叶いました。
備忘録として振り返ってみます。

まずUTMFはロードが多い。
そのためロードの練習は大切で、特にウルトラ練は多めにやっていた方が良いように思われます。

僕はここ2年は全く山に行けない状況。
練習は歩道橋を用いた毎日の帰宅ラン(片道5.5kmで往復11km)とジム練でのトラッドミルのみ。
トラッドミルは傾斜15度で速度6.5~8.5をその時の体調により随時変更。
走行時間は1時間、1~2週に1度は走ってました。
これで登りと平地は大丈夫でした。

ただ下りの練習をしていなかったため、40km手前で両太もも前脚部が悲鳴を上げました。
この件に関しては後述します。

2週間休んでも筋力の低下はわずか3%らしいので、全ての練習は大会1ヶ月前まで。
それ以降はゆっくり休むか軽くジョグ程度に抑えました。

1ヶ月前からアルコール、カフェイン、お菓子を止めました。
アルコールは胃粘膜を保護するため。
カフェインは補給時のカフェインの効果を強化するため。
お菓子は補給の吸収を速やかにするため。

5日前から口に入る物はパスタのみ。
つまり朝も昼も夜もたらこスパゲティー。
足りない栄養素は豆乳で補う。
脂質はパスタにオリーブオイルをかけて軽く炒めて摂りました。
これは繊維が腸内に残ると腐敗してしまうということより。
そのため野菜は5日前から一切口にしませんでした。
ただパスタのみだと飽きるので具のない味噌汁も飲みました。

2日前から飲みものは豆乳と一緒にOS1も追加。
ただ、途中でOS1だと飽きたのでスポーツドリンクに変更。

で大会時。
補給での飲みものは麦茶500mlと水500ml。
持参した補給食前半は
マグオン(カフェインなし)、アスリチューン、ベスパ、カツサプ、梅干し純、キットカット、ブラックサンダー。
梅干し純は攣り防止の為に常に口に入れていました。
ブラックサンダーは食べた後少しムカムカしたので一つだけしか食べませんでした。

補給食後半は
マグオン(カフェインあり)、アスリチューン、ベスパ、カツサプ、梅干し純、キットカット、トップスピード。
ベスパとトップスピードは味が似ていてとても摂取しやすかったです。

所々で小腹が減ってくるのですが、マグオンとアスリチューンは腹持ちが良いのですが、ベスパとトップスピードはすぐにまた小腹がへりました。
まぁ目的が違うのでしょうがないのですが。。。
カツサプの効果の程はよくわかりませんが、「乳酸をエネルギーへ」と素晴らしいうたい文句なので、できるだけ定期的に前半も後半も摂取しました。

インターバルタイマーは45分にセット。
やはり45分毎に摂り続けることは出来ず、90分以上何も摂らないことも多々ありましたが、135分以内に何かしら口に入れるように心がけました。

走り始めて40km手前で太ももが悲鳴をあげはじめました。
その悲鳴は徐々に痛みへと変わり後半は脚を曲げる時だけでなく、ちょっとした下り傾斜でも出るようになってしまいました。
今思うと一日くらいは長い距離で山を走り下りの筋肉を鍛えた方が良かったと反省しています。
また50km過ぎたあたりで両方の親指が逝ってしまいました。
下りになると激痛が走り、靴紐を締め直してもあまり変わらず。
「痛いのは気のせい」作戦で行くことにしましたが、やはり爪の痛みは痛いですね。

77km地点のデポジット。
中身はカップヌードル、カップ味噌汁、後半の補給食、麦茶、そして眼鏡。
カップヌードルはBIGにすれば良かったと後悔。
カップ味噌汁は一つのカップに2個分入れて味を濃くして塩分を摂りました。
彩の国100kmの時に飲みやすかったのが麦茶だったので、後半も麦茶は必須としました。

85kmくらいで脚が完全に逝ってしまいました。
もうどうやっても走れない。
走っているつもりでも歩いている状態。
途中ボラの方から「痛いのツラいの気のせい」というメッセージを見せてもらい多少元気になる。

90kmくらいから下りは痛すぎて「よっこいしょ」とゆっくり歩いて降りていたが、このままでは進まないので常に「イタイノキノセイ」のかけ声で走ることを心がける。
下りが来る毎に「イタイノキノセイ」と言いながら足を着地していたのですが、途中であることに気付きました。
踏み出しはかなり痛くても我慢しながら走るとその痛みは徐々に軽減することに。
なので下りの手前になったら激痛を伴うがわざと足を大きく曲げて走りだすと、ある程度走りきることが出来ました。
とはいいつつもやはり踏み出しの痛さはこのUTMF完走目標があるから出来ることで、通常であれば出来ない痛さでした。
そしてこの痛みは1ヶ月コースだなぁと思いつつも、完走さえ出来れば喜んで1ヶ月の痛みは受け入れるので、先のことを考えずひたすら完走目指して先に進みました。

120kmくらいで周りは眠さとの戦いだったのですが、僕は全く眠くなかったです。
カフェインいりのジェルを後半飲む作戦は成功でした。
また150kmくらいでやや胃が疲れ始め、ジェルを摂った後にややムカつきが出始めましたが、持参した梅干し純で全然ごまかせました。
最後の12kmでもジェルだけで行けたので、今思うと1ヶ月前からの準備は間違いなかったと思っています。

ゴール間際の沿道でのハイタッチは感動ものですね。
この感動で今までの辛さや痛さは全く無くなりました。

ゴール後、筋肉の痛みはあるのですが、問題は爪。
恐る恐るクツを脱いで見てみると、両親指の爪が食い込んでいました。
食い込むのは度々あるのですが、それが今まで見たことがないくらいで、爪が剥がれる勢いでした。
スタート時はアルトラ結び?で爪がぶつからないようにしていたのですが、紐のきつさで足の甲が痛くなってしまう。
痛みが強くなってきたので紐を緩めたら、足の甲の痛みはなくなりましたが今度は爪の痛みが発生。
途中で紐を結び直し爪が当たらないようにしましたが時既に遅し。
この下りの爪対策が今後の課題となりそうです。

ここ2年は山に全く行かないながらも完走出来たので僕としては満足です。
時々山に行って下りの筋肉をつけていたらもっと納得に行く成績だったと思いますが、これは次回にお楽しみにとっておきます。

帰りのバスの中でアーモンドチョコを食べたのですが、あまりの美味しさに感動しました(笑)
朝起きてコーヒー飲みながらドーナツを食べる幸せを実感しています。

次なる目標をどうするか。
僕はタイムでなく完走が目標なので、となるとおそらくは彩の国100mileが一番可能性高いですね。

次の大会は柴又100k。
傘とワラーチでのんびり走ってきます。


カテゴリ:

< 4月27日・28日  |  一覧へ戻る  |  仕事開始! >

同じカテゴリの記事

坂練

朝の通勤ランで椿山荘付近を通るのだが、ここは坂がとても多い。
10月に100マイル走るOSJ KOUMIにエントリーしたので、この坂を使わない手はない。
ということで道順を調べてみると、のぞき坂から江戸川橋までジグザグに走りると登り下り合わせて役11個の坂練ができることがわかった。
残りの4ヶ月でこのジグザグ連を重ねると脚と心肺が鍛えられそうだ。
小江戸大江戸200kmの時は平坦だったので距離の練習だったが、次回のKOUMIはトレイルなのでこの坂練をこなしていきます。

東京ウルトラ

昨日は友人の紹介がないと参加できない東京ウルトラマラソンという大会に参加。
土曜日の14時スタートの100マイル、23時スタートの100km、そして日曜日7時スタートの50kmの3部門があり、僕は50kmに参加。
新宿御苑付近をスタートし、上野・スカイツリー・両国国技館・日本橋・銀座・豊洲市場・辰巳・お台場・白金大・新宿御苑という東京の名所を一気に走り抜けました。
僕は今回初参加。
内々の大会なのでゆるゆるのファンランだとばかり思い込んでいたのですが、いざ走り始めると「お台場の関門が厳しい…」という情報を得る。
ゆっくり楽しく走るつもりだったのでルナサンで参加したのですが「え”??マジで???」と上野を過ぎたあたりでスピードを上げ始める。
10時過ぎると今度は暑さとの闘い。
スカイツリーを過ぎたあたりで同じような速さで走る集団ができ、後半はその同じような走力の5人で走り続けました。
13時過ぎてくると暑さはかなりのものになってきました。
聞くところによると、この暑さでリタイヤが続出したようです。
暑かったけどとても楽しい大会でした。
来年も出たいけど、もし出るならまた50kmかなぁ?
久しぶりのロング走で脚が疲れました(^^;

いよいよ

いよいよ明日の12時UTMFスタート。
友人もたくさん出るのでスマホ片手にライブで応援します。
もし今年エントリーしていたら、GWの長い休みと重なるので経営者として大変なことになっていました。
出たのが昨年で良かった(笑)
寒波が来る予想で寒暖の差が激しくなりそうですが、それもまた楽しまれて下さい。
参加される全員が完走できれば良いですね。

坂練

3.5程度の実力の僕がサブ3を狙うにはインターバルなどの負荷の高い練習をより多くこなすため、常に故障と隣り合わせとなってしまう。
故障しないようにするためにはただ単に追い込むだけではなく、やはり計画的に練習をこなさなければならない。
そこでスピード練を始める前に坂練を始めることにした。
幸い住まいのそばには都内屈指の坂である「のぞき坂」があり、その坂をグルグル上っては下るという練習をはじめた。
上りは心肺を、下りは着地衝撃を鍛えるようである。
昨日は20km走る予定が15km…。
相変わらずメンタル弱い(苦笑)。
長い距離を走るスロージョグも必要だが、これはのんびりとならある程度走れることがわかったので、とりあえず今の練習メニューに取り入れないことにした。
この坂練を数ヶ月続けてから次に移行しようと思う。

次へ

休養から重い腰を上げてやっと走り始めた。
足の痛みはほとんどない。
疲れも大丈夫そうだ。
今まではダラダラと走っていたのだが、これからの1年間はちょっと追い込むことを考えたらどんな練習にしようかと楽しみが増えてきた。
とりあえず今の目標は10月のOSJ_KOUMI_100にもし出られればそれの完走。
その次が、来年か再来年あたりサブスリーすること。
両者ともにかなり追い込まないと達成できないのでどこまで追い込むことができるか。
達成できなくても望みは大きくした方が、生活が充実するのでちょっと頑張ってみます。

このページのトップへ