HOME > 細川歯科医院ブログ > 歯科・診療所関係 > キャンセル率

細川歯科医院ブログ

< 海外レース  |  一覧へ戻る  |  秋晴れ >

キャンセル率

実習生に「ここの医院ってキャンセル率低いですね」と言われた。
他の医院とあまり比べたことがないのでよくわからないが、細川歯科医院は待たせることをしないので、遅れることなくみんな時間通りに来てくれるし、確かに雨でも雪でもみんな頑張って来て下さっている。
患者さんはみな良い方々ばかりなので、治療も頑張ろうという気持ちになるし、良い方向に循環しているのだろう。
患者さんに感謝である。

カテゴリ:

< 海外レース  |  一覧へ戻る  |  秋晴れ >

同じカテゴリの記事

外看板

外看板の電球が切れた。
切れたといっても下半分なので真っ暗なわけではないので、今のままでもいけることはいけるのだが。。。
さてどうするか。
1全部切れてから考える。
2電球だけを変える。
3これを機に電球をLED化にする。
4これを機に看板自体をリニューアルする。

この看板を取り付けて20年以上が経過したので、そろそろ新しくしても良いかと思っている。
となると4か?
お金の問題もあるが、それよりもまず大変なのがデザインである。
せっかく新しくしたのに旧看板とそれほど大差なければとても悲しい。
デザイナーではないので、このデザインを考えるのが一苦労なのである。

では3か?
LED化にしたとき、確かに電球切れの心配はなくなる。
だがLEDの基盤は一生ものではない。
いつかはやり替える時期がやってくる。

そうなると2?
電球だけを変えてしばし静観するという手。
これは一番安上がりだが看板自体は年々劣化していき古くなっていくので、このまま電球を変えるだけでは成長していないようにうつってしまう。
いわば「昔ながら~の古~い?歯医者さん」というイメージがついてしまいそうだ(^^;
医院の成長が自分の楽しみでもあるのでこれはできるだけ避けたい。

となると結論が出るまで考える1か?
だがこの半分電球が切れた状態でいるとなると「この医院、電球交換にすらお金かけられないの?」とか「切れたままでいられる院長の人柄って大丈夫?」とか思われそうだ。

ではどうすればよいのか?

今一番の悩みの種である(^^;





学術

昨日は診療後、歯科医師会の集まりで会館へ。
今回学術委員になったのでその顔合わせ。
今は臨床心理を勉強しており歯科の勉強からはやや遠のいてはいるが、やっていることは当時勉強していたこととほぼ同じで、数年や10,20年単位で大きく変わることはない。
ただ歯科医師会の仕事をどうせやるなら、好きな勉強がらみの方が楽しいので今回自らこの学術をお願いした。
2年だが実質4年。
放送大学との絡みが心配だが、出来るだけ楽しんでいこうと思っている。


落ち着き

ここにきてやっと落ち着いてきた感じである。
そう、細川歯科医院のアポイント状況である。
GW明けは忙しかったりするのだが、今回はそれが結構長く続き「あれ?まだ忙しいなぁ。。。」という日が続いていました。
まぁ、暇よりは忙しい方が良いのだが、忙しすぎてもまたそれはそれで問題である。
まだDrは僕一人で対応可能な人数だが、そろそろ代診を探してみても良いのかも知れない。
そうそう、衛生士さん募集の件ですが、いつもお願いしている広告代理店の方からキャンペーンの話があるとメールがあり、急遽明日から載せることになりました。
WEB anだったかな。
通常なら4周を今回は8周載せることが出来るとのこと。
どうせならと思い載せてみます。
急募ではないのでのんびりと探していきたいと思っています。


遠距離

ここ最近、遠くにお住まいの方からの連絡が多い。
それは日本国内に留まらず海外まで。
内容は様々で、痛みがあるが原因不明と言われたり、かかりつけ歯医者のセカンドオピニオン希望と多岐にわたる。
必ずしも通院出来るわけではなく、飛行機や新幹線で来院され、こちらにいる期間がほんの数日だったりするので、その間出来ることと言えばわかりやすく説明をすることだけである。
専門用語をなくし、いろんな角度からわかりやすく説明する。
そして今抱えている悩みを出来るだけ少なくする。
基本的なことではあるが、なかなか難しいものである。


休み明けて

GWが終わり一昨日、昨日とかなり忙しい日が続いた。
アポ状況を見ると恐らく今日、明後日も急がしく、今週いっぱいは大変な感じ。
まぁ、こればかりはしょうがない。
頑張って乗り切ろう。

昨日パソコンが2台届いた。
IT給付金を使って新たなレセコンを導入するためだが、この設定と移行期間もちょっと大変。
ここ1,2ヶ月は忙しくなりそうだ。
何もやることがないよりかは忙しい方が良いので、楽しみながら頑張ろうと思う。

このページのトップへ