事前受付はこちら 紹介ムービーはこちら
  • 初めて細川歯科医院へお越しの方
  • スタッフ紹介
  • 細川歯科医院ブログ
細川歯科医院

住所
〒173-0012
東京都板橋区大和町18-10
田中ビル2階

電話番号
TEL:03-3964-8217
FAX:03-3964-8229

時間・定休日
平日 10:00~13:00  14:30~19:30
土曜  10:00~13:00

休診日:木曜・日曜・祝祭日
(勉強会の都合により変更あり)

医院案内&アクセス

HOME > 細川歯科医院ブログ > 歯科・診療所関係 > iPad mini 4

細川歯科医院ブログ

< 通勤ラン開始!  |  一覧へ戻る  |  ハイキング >

iPad mini 4

診療所のユニット周りの変更を行った。
今まではデジタル画像はMac Book Airを介していたのだが、PCをやめて全てiPadに変更した。
iPadは大きいのでiPad mini 4を各ユニットに2台設置。
備え付けのモニターにはHDMLにて映し出す。
大分使い勝手が良くなりました。
もうすぐデンタルミラーが導入されるので、かなり機能性が良く説明しやすい診療所になったかと思います。
やはり診療所が良い方に変わると嬉しいですね!
次に何が出来るか考えたいと思います。

カテゴリ:

< 通勤ラン開始!  |  一覧へ戻る  |  ハイキング >

同じカテゴリの記事

4月27日・28日

ニュース欄でも記載してありますが、4月27日(金)・28日(土)は休診とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

一眼

口腔内写真撮影で使用していた一眼を新たな機種にした。
キャノンeos kiss x4からx9へ。
買い換えた理由はwifiで撮った画像をパソコンに飛ばすため。
というか今までeye-fiで飛ばしていたのだが、ここ最近上手く飛ばなくなり調べるともう製造中止。
当然サポートもなし。
さと困ったぞと調べていたら、少し前からキャノンの一眼がwifiで飛ばせることを知り、さらにこのx9が最近販売されたとのことより思い切って購入に踏み切りました。
実際に使ってみるとピント合わせも早いし、軽いし、使いやすい!
wifiで飛ばせるのも確認できたのだが、まだまだいまいちわからない面もある。
もう少し使ってみなければ。。。
これでまた仕事が楽しくなりました(^-^



LED化

細川歯科医院もちょこまかとLEDに変更している。
デスク周りや院内の間接照明、院外のスポットライトなどなど。
LED本体も今はかなり安く購入しやすくなっており、光量も明るくなる上しかも電気代が安くなる。
それに熱対策も加わるので、徐々にだがすべてをLEDにしようかと考えている。
一気に全てを変えるのは勇気がいるので、少しずつ医院の変化を楽しみながら成長していきたい。

仕事始め

新年明けましたね!

本日から新しいスタッフが働くことになりました。
歯科衛生士は2,3年で変わっていくと言われる中、細川歯科医院はみな比較的長く勤務してくれています。
今日から勤務の新しい方も早く馴染んで長く勤務してくれたら嬉しいです。

今年の僕の抱負は「怒らない・焦らない」
そして細川歯科医院の抱負は「更なる質の向上」
ここで言う医院の質というのはテクニカルな面の質ではなく、患者さんからのマイナス評価が少なく、来院された患者さんの多くが温かな気持ちになれるような医院全体の質です。
テクニカルな質も含まれますが、全体の質を向上させるにはマネージメント能力が試されます。

僕はいつも自然体でいたいのですが、それは仕事においてもそう。
自分の考えや思いを無理すると疲れてしまうし、仕事も楽しめなない。
それは結果として家庭やプライベートにもシワ寄せが来てしまうので、今まで通りの診療スタイルで自分の気持ちに正直に、患者さんに無理強いすることなくマイペースで進んでいきます。
これはスタッフに対しても同じ事が言えます。
特にスタッフの移り変わりが激しいのは院長自身に問題があることが多いので、自分も気を引き締めて一年頑張ろうと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


長持ち

ほとんどの患者さんは「歯の治療」=「長持ち」と考えているが、実際歯の治療をしたからその歯が長持ちすることに必ずしも通ずることにはならない。
それは虫歯や歯周病だけにとどまらず、矯正なども含まれる。
8020運動という言葉があるが、今の日本の80歳での残存本数は確か10本前後である。
もし「歯の治療」=「長持ち」であるなら、今の時点で80歳で優に20本近くは残っていてもおかしくない。
処置をするということはメリットばかりでなくデメリットも存在するので、このことを我々は留意しなければならない。
歯の治療をするかどうかは歯科医の考えだけでなく患者さん自身の考えも大きく左右する。
そのためお互いがより知識を深め話し合い治療計画を決めていく必要があろう。
悪いところを探して何も考えずに削り詰め、かぶせていければどんなに楽なことか。
だがそれでは仕事の面白みはない。
先のことを考えるからこそ歯科の楽しみが存在する。


このページのトップへ